Press "Enter" to skip to content

間違いだらけのペット保険選びしてませんか!?チェックポイント3点教えます

窓口負担額は全額か自己負担分のみか

ペット保険には一旦動物病院の窓口では全額支払い、後からまとめて保険金額を請求する方式ならば、全ての動物病院で利用出来ます。一方で、加入しているペット保険の保険証を窓口で提示すると、会計時には自己負担分のみを支払い保険金請求は動物病院側で自動的に行なってもらえる方式があります。動物病院の診療費は高額になりやすいので、窓口では自己負担分のみ支払えば良い方式のペット保険ならば、いくらかかるか不安にならずに早めにペットを動物病院へ連れて行けるでしょう。

保険料率に免責事項を考慮しよう

ペット保険で補償される割合は、50%や70%補償のプランが多いですが、中には後日請求方式で90%補償というプランを提示している商品もあります。一見すると90%補償が最もお得に感じられますが、免責事項を比べてみないと実際には何とも言えません。なぜなら、免責金額が一律1万円の場合には、実際にかかった金額から1万円を控除した金額に対して90%補償となります。免責金額が大きく設定されているほど、プランで表示されている補償額とはかけ離れてしまうわけです。

かかりつけ医が対応しているペット保険はどれか

普段通い慣れた動物病院で対応しているペット保険がどれか確認する必要があります。特に窓口で自己負担分のみを支払いたい場合には、対応しているペット保険の数が限られるからです。保険証発行が絶対条件になりますが、補償額の請求を動物病院側で行ってもらえるかどうかは、ペット保険名を動物病院の窓口で伝えればすぐに教えてもらえます。大抵の動物病院では、窓口で自己負担分のみの支払いで済むペット保険は2種類程度に制限されているので、聞けばすぐに答えてもらえるからです。

ペット保険を利用する際は、補償開始期間に気を付けなければなりません。契約直後から保険が効くわけではなく、保険会社によってもタイミングが違うので必ず確認しておきましょう。