Press "Enter" to skip to content

分解掃除を行ってくれる時計職人さんって今も健在?

現在の腕時計の主流は電池式

腕時計にはクォーツ式と機械式と言った種類がありますよね。クォーツ式は電池を使う腕時計、では機械式時計は電池を使わないの?と言ったイメージを持っている若い人も多いのではないでしょうか。機械時計と言うのは金属製の薄い板が巻かれた状態になっているゼンマイが機動力になる腕時計で、クォーツ式の様に水晶振動子を使っていないため電気が要りません。ゼンマイは元に戻る性質があり、この性質を利用して腕時計内部の細かな歯車を回して時を知らせてくれるのです。

ゼンマイを巻いてあげれば動いてくれます

ウォーツ式の腕時計の場合、電池が切れてしまうと動かなくなりますよね。機械式時計の場合もゼンマイが伸びてしまう事で歯車を回す事が出来なくなるためストップしてしまいます。電池式の場合は電池交換をすれば再び正確な時を刻み、機械式の場合は竜頭と呼ばれている部品を使って、ゼンマイを巻いてあげる事で再び正確な時間を刻んでくれるようになります。腕時計は身に付けるアイテムなので、定期的に汚れを拭き取ってあげるなどが必要です。

機械式時計が壊れた時は?

機械式時計が故障してしまった時は、専門店に持ち込む事で修理が可能です。昔は、街中にある時計店の店先などで腕時計の修理をしている職人さんの姿を目にした事があると言う人も多いかと思われますが、最近の時計店ではこうした光景を目にする事も少なくなっていますよね。機械式時計の内部には細かな部品が沢山使われていて、分解修理をする事で正常な状態で腕時計を使う事が出来るようになっています。そのため、長年使わずにしまい込んでいた機械式時計などはオーバーホールをして貰えば、再び使う事が出来るようになりますよ。

オーデマピゲはスイスの高級時計・宝飾の歴史あるメーカーで世界三大高級時計メーカーとしても知られています。